上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--
14日にやる曲の1曲。

朝陽が少しだけ薄暗い 案の定外は雨降りだ
こんな日は昔
あの子と二人で
傘をさしながらはしゃいでた

靴が濡れるのも
気にしないで
クラクションに煽られて そんな小さな小さな幸せだけが
生き甲斐だった

降りすぎた雨
覆う傘もない
裂け目から見える
霞んだ景色は
何を暗示してるの

遅すぎた嘘
早過ぎたサヨナラ

君と二人で歩いた道は
まだここに存在してるのに

目の前には汚れた部屋が見えて
思い出も全部捨てたのに

瞼の裏には君の笑顔だけ 張り付いて消えやしない

無理に誰かを愛したりして余計に傷付いて
人は忘れる生き物のはずなのに
それさえ無理で

通りすぎた雨
残る雲はない
そう願って歩いてみせた
何が本当なの?

遅すぎた嘘
早過ぎたサヨナラ
君と二人でで歩いた道は まだ此処に存在してるのに

私の好きな空蝉日和さんの「傘」
⑭日楽しみ
スポンサーサイト
2007.01.06 Comment:2
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。